月別アーカイブ: 9月 2017

10月14日(土)14時から、平岡樹芸センター(1階講義室)にて、平岡公園人工池・人工湿地の

環境調査報告会を行います。

 

人工湿地と人工池が平成12年に造成されてから、今年で17年目になります。

何もなかった場所に、石狩平野の植物を残そうと、市民、行政、教育機関が協働し、少しずつ管理し

現在の状態になりました。今ではたくさんの生き物が生息している人工湿地と人工池ですが、

今までどのような変化があったでしょうか?

湿地の植物相の変化と動物相の変化についての調査報告会を行います。

 

←クリックで大きな画像になります

 

日時:10月14日(土)14:00~16:30  

場所:平岡樹芸センター(1階講義室)

■14:00~15:00【植物相の変化について】 矢部 和夫氏(札幌市立大学)

■15:15~16:00【動物相の変化について】 酒井 健司氏(株式会社野生生物総合研究所)

■16:00~16:30 【質疑応答】

 

参加費は無料、ご興味のある方はどなたでもご参加頂けます。

是非、ご参加ください。

 

ご不明な点がありましたら、平岡公園管理事務所までお問い合わせ下さい。

平岡公園管理事務所 ℡011-881-7924

本日は今年からはじまった新イベント!「ひらおか自然まるごと探検隊④」を開催しました!

いよいよ今回は最終回っ!テーマは「公園の危機を救え」です!

平岡公園にはもともといなかった植物や動物のこと、そしてキタキツネとエキノコックス症について

考える内容でした。

 

午前中は、公園内ある外来生物を探していきます!

お花の色、葉の形、はえている場所などのヒントを頼りに、指名手配犯(外来生物)を探します!

 

なかなか見つけるのが難しいものや、区別のつきにくいものなど様々なものがありました。

左オオアワダチソウ                 右セイタカアワダチソウ
あっ!オオアワダチソウにハサミムシのおしりが・・・

 

普段から見慣れている植物でも、意外と外来生物であったり新しい発見がたくさんでした!

 

さて、午後からはエキノコックスの専門家の神谷隊長(環境動物フォーラム代表)、小林副隊長(環境動物フォーラム)にお話を聞きながら、

エキノコックスとはなにか?どんな風に危険なのか?どんな生き物なのかを教えてもらいます。

2人とも真剣です!!!

まずは、キツネについてどんな所にいるのか、何を食べているのかなどなど詳しい生態を

教えてもらいます。

 

エキノコックスは名前は聞いたことがあっても、なかなか実物を見たりすることは出来ませんが、

今日は貴重なエキノコックスの成虫標本と成虫模型を見せてもらいました。

みんな「こんな形なんだ!」と驚いていましたっ!

 

続いて、エキノコックスの一生と感染経路について。

主にエキノコックスに感染したキツネの糞が何らかの形で、人の口に入ることで、

エキノコックス症に感染します。1番の予防方法は、外出した後の手洗い、うがいとのこと!!!

必ず守らないとですね。

顕微鏡を使ってエキノコックスの成虫も見せてもらいました。

これは成虫から卵が出ている貴重なところ!顕微鏡に見入っていました!

(※色が赤いのは観察しやすいように染色したためです。実際は透明だそうです)

下の方に写っているつぶつぶがエキノコックスの卵!

今日はタイトルが少し重たい内容でしたが、探険隊員達は最後まで真剣に参加してくれました。

なんとなく名前だけ聞いた事あってなんだか危険そうという物も他に沢山ありますが、しっかり理解して対処すればそんなに恐れる事もなさそうです。

目に見えない公園で起こっている事に注目し、みんなで楽しく調べられました!

今回で今年の「ひらおか自然まるごと探検隊」は終わりとなりますが、また来年元気な探検隊のみんなと一緒に外で活動できる事を楽しみにして!

また一緒に活動しましょう!!

今日は平岡公園ツリーウォッチング、【森の恵みと動物たちの暮らしを知る】を開催いたしました。

昨日は夕方頃から土砂降りの雨で今日のお天気が心配でしたが、今日は青空も見えいいお天気でした!

平岡どんぐりの森の「ゆうさん」と今日の散策するルートを確認して、出発です!

 

 

まず第1駐車場から降りてすぐのヤマブドウ。

数がかなり少なくなってしまいましたが、しっかり紫色に熟していました。

露がいい感じに滴っていますね!

 

 

続いて、梅の香橋渡ってすぐのミズナラ。

うーん。。。9月16日のながぐつの土ようびで確認できたドングリも既に落ちてしまったようでした。

今年はドングリ不作でしょうか。

 

 

梅の香橋の落ち葉に乗っていたカタツムリの赤ちゃん。

エゾマイマイ?サッポロマイマイ?どちらでしょうか?とても小さく小指の爪程の大きさで可愛かったです。

落ち葉と一緒に踏まれないか心配です。

 

 

梅林の中を歩いていくと、キノコがたくさん!!!

なんだか秋を感じますよね。

 

 

背の高いホオノキの実もピンクに色づき、一層目立っていました。

 

ツタウルシも紅葉し始めてきました。

平岡公園内の林縁や石垣の所に多ありますので、散策される際は手を触れないよう注意して下さい。

 

久しぶりの梅林の様子。まだ葉も青々としていますね。

 

 

水辺に多く咲いているミゾソバ。

蕾~咲き始めの時がピンク色でとても可愛いですね。

もう咲ききっているところもありますが、まだ写真のような状態の所もあり、まだまだ観察出来そうです。

 

 

続いて人工湿地の植物たち。ドクゼリはもう咲き終わっていました。

 

 

ヒツジグサはまだまだ観察できそうです。サワギキョウは遠くに見える数本になっていますが、

まだ紫色のキレイな花は観察出来ます。

 

 

続いて、サワフタギ(ルリミノウシコロシ)。瑠

前回のながぐつの土ようびで見つけた幼虫はもういなくなってしまっていました。(ながぐつの土ようび(9/16))

サナギになったのでしょうか???正体がわからないまま、残念です。

 

 

 

今回のツリーウォッチングではたくさんの実りを観察することが出来ました。

ご参加いただき、ありがとうございました!

 

晴れている日は長袖一枚で充分な時もありますが、森の中へ入ると寒く感じるときもありますので、

散策される際は、上に着るものの用意があると安心です!