平岡公園- 住宅街に囲まれたオアシス -

木の芽のかくれんぼ

2013.11.24

皆さまこんにちは!

連休は天気に恵まれ、公園はお散歩やボール遊びなどをする家族連れのお客様でにぎわいました。

晩秋の今ごろ、樹木の多い平岡公園では、たえまなく降ってくる落ち葉の対応に追われます。

写真下の迷彩柄のような幹の木はプラタナスで、街路樹や公園樹として各地に植栽されています。

プラタナスは、スズカケノキ科スズカケノキ属(Platanus)の樹木の総称です。

CIMG4864

プラタナスは、幹のグリーンの部分で光合成を行うことができるのだとか。

新陳代謝のように樹皮がはがれ落ち、迷彩柄のようなまだら模様になります。

 

特徴的な形の大きな葉っぱ!中にはこんなに大きなものも。

CIMG4843

落ちた葉の付け根を見て見ると、、

CIMG4839

根元がふくらんでいて、中が空洞、キャップのようになっていますね。

プラタナスの芽は、葉が落ちるまで葉柄の中にかくれています。

CIMG4874

葉が落ちると、スポッと冬芽が!

CIMG4876

このように葉柄の中に芽が隠れている芽を、葉柄内芽(ようへいないが)とよびます。

葉が落ちて、冬芽がつぎつぎと姿をあらわしました。

 

ちなみに、園内の落ち葉は、掻いて集めてバックヤードへ運ばれます。

切り返しをしながら、ゆっくりと時間をかけて分解されて腐葉土へとうまれかわります。

CIMG4877 (2)→→→CIMG4877

プラタナスの葉は組織が分解されにくく、漬け物のようになって残りやすいので困りもの。

CIMG4871

葉に混じって丸い実がぶら下がっています。和名のスズカケノキの名前はこの実の形が由来です。

・・・まだ葉が残っているので、落ち葉との闘いはしばらく続きそうですね。

 

(公財)札幌市公園緑化協会オフィシャルショップ
さっぽろ花と緑のネットワーク
札幌市都市緑化基金
採用情報
採用情報

平岡公園
HIRAOKA PARK

札幌市清田区平岡公園1番地1号

TEL. 011-881-7924
FAX. 011-881-4996

▼協会リンク